• ホーム
  • 水虫からも侵入する人食いバクテリア

水虫からも侵入する人食いバクテリア

きれいな脚と花

人食いバクテリアは手足などが急激に壊死して死に至る事がある恐ろしい感染症です。
人食いバクテリアの正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」と言います。
発症してから2つか程で死亡すると言われており、致死率は約30%となっています。
症状としては発熱や筋肉の痛み、腫れ、喉の痛み、下痢などの風邪と同じような症状の他に傷口の激痛などの症状が現われます。
風邪と似たような症状なので判断しにくいという特徴があり、発症すると短時間で筋肉や脂肪を浸食し死に至らしめます。
人食いバクテリアの原因は細菌感染です。そのため、発症した場合は抗菌薬を使用して治療を行います。原因は溶連菌と呼ばれる溶血性連鎖球菌ですが、この洋連菌はどこにでもいる菌で咽頭炎を起こした子供のノドからも発見される事もあります。
この溶連菌が血中に侵入したり、手足の傷口方侵入して「劇症型溶血性レンサ球菌」となり手足などが壊死していきます。
さらに水虫が原因で人食いバクテリアに感染する事もあるので水虫治療をする事も大切な予防方法となります。
水虫は男性に多い疾患と思われがちですが近年では女性に5人1人は水虫に感染していると言われています。
痒み、痛み、だけでなく、皮膚に膿ができてしまう事もあります。
膿になったところから人食いバクテリアが侵入する可能性があるため、水虫治療が必要となります。
また、すでに水虫になってしまっている方は、傷口が露呈しないようにばんそうこうなどを貼って予防する事が重要となります。
早期の水虫の場合は早期に水虫治療を行い、膿が出たり傷にならないようにする事が大切です。
そのため、水虫かもしれないと感じた時はすぐに専門の医療機関に行き適切な処置や生活改善をする事が必要です。

関連記事