• ホーム
  • ブーツを履く女性に多い爪水虫とは

ブーツを履く女性に多い爪水虫とは

水虫の足裏

冬のファッションに欠かせないのがブーツです。
毎年ブーツを新調するという女性も、多いのではないでしょうか。
ファッション性はもちろん、防寒性もあるので冬に履きたいブーツですが、ブーツを愛用する女性に多く、発症する病気があります。
その病気とは「爪水虫」です。
爪水虫は病名的には、「爪白癬」と言われます。
白癬菌というカビが、爪に感染する事によって、爪水虫は発症します。
なぜ、ブーツを履くと爪水虫が起こりやすくなるのでしょう。
白癬菌は高温多湿を好む傾向にあります。
ブーツの中は蒸れやすく、白癬菌が増殖しやすい絶好の場所です。
また、ストッキングやタイツは化学繊維で作られており、保温性は高いものの、その分通気性は悪い為、より白癬菌が増えやすく爪水虫になりやすい環境です。
通常、水虫といえば痒みが出るというイメージがありますが、爪には痒みを感じるセンサーは無い為、爪水虫になったとしても痒くなりません。
ですが、爪が濁る・ポロポロと剥がれ落ちるといった症状が現れます。
このような症状を発見したら、皮膚科で水虫治療を受けましょう。
しかし、「自分が水虫である事を知られるのが恥ずかしい」という事から、クリニックへ診察に行けないという女性も少なくありません。
市販の水虫薬で何とかしようとするケースが多いのですが、爪水虫は塗り薬では改善できないので、当然市販薬も効きません。
爪水虫は水虫治療を根気よく続ける事で、改善する事が可能です。
一般的な水虫治療は内服薬によって、白癬菌を殺菌します。
爪は硬い為、外用薬では有効成分が浸透しない為、内服薬で治療するのです。
検査方法も簡単で、爪を少し取り顕微鏡で白癬菌がいないかどうか、調べるだけです。
多くの女性が爪水虫で治療しているので、恥ずかしがらずにまずはクリニックを、受診する事から始めましょう。

関連記事