公開履歴
    きれいな脚と白い花

    水虫は大した病気ではないと治療をしていない人は少なくありません。
    しかし、水虫治療をしっかりと行わないと水虫が悪化するだけでなく他の病気を併発したり障害を誘発しやすくなってしまします。
    無図虫を放置した場合命に関わることはありませんが、最悪の場合下肢切断してしまう可能性はあります。
    そうならないためにも早期に治療していくことが大切です。
    水虫の原因である白癬菌は皮膚に感染して皮膚を荒らしますが、この荒れた皮膚から他の細菌が侵入して重篤な疾患を引き起こすことがあります。
    ブドウ球菌等の化膿菌が侵入してきた場合足が腫れて炎症を起こしてしまいます。
    足の指が腫れると何かに触れるたびに激痛が走るようになります。
    足の腫れが悪化してしまうと歩く時の圧力で痛みが生じでまともに歩くことができなくなってしまいます。
    歩く事が出来なくなるほど足の指が腫れあがった場合は化膿菌を排除するまで入院する事になってしまいます。
    さらにこの化膿菌が原因の足の腫れを放置し悪化してしまうと足の指が壊死してしまう可能性が出てきます。
    特に糖尿病を併発している人は注意しなければいけません
    糖尿病は動脈硬化を起こせ貯め血流は悪くなり白血球の働きが弱くなります。
    足の指はその影響を受けやすく、そこに化膿菌が入ってくると抵抗できずに菌に侵略されていきます。
    その結果足の指が壊死し下肢切断しなければいけなくなるのです。
    そのため、水虫治療は早めに治療しないと取り返しのつかない事になってしまいます。
    白癬菌の重篤な症状についてご紹介しましたが、水虫は日常生活レベルでもさまざまな弊害をもたらします。
    水虫は足だけでなく手や顔、頭皮にまで移ることもあります。
    頭皮に感染した場合脱毛も起こり得るため、水虫治療は必ずするようにしましょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    人気記事一覧
      最近の投稿
        アーカイブ