大阪のおすすめレーシック眼科

おすすめのレーシッククリニック

大阪にはレーシック手術を受けられる眼科は複数ありますが、実際に人気があったり信頼をおかれている眼科は具体的にどこなのでしょうか。

レーシックは外科的手術ですし、目の角膜を削るものです。角膜というのは、傷ついたり変形したりすると元には戻せない、再生しない器官です。

確かにものを見るときに一番大切なのは、網膜かもしれません。しかし、角膜も傷がついたりすると、見え方が変わってきますし、レーシックで一度削ったら元に戻せませんからそれをなかったことにするということは不可能です。

ですから、一度手術を受けたらある意味取り返しのつかないことであるということはちゃんと踏まえて、慎重に病院を選び手術を検討していただきたいと思います。

大阪のおすすめレーシック眼科

品川近視クリニック大阪院

大阪府大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田3Fv
・JR大阪環状線 福島駅より徒歩5分
・JR大阪駅 桜橋口より徒歩12分
・阪神本線 梅田駅より徒歩10分

おすすめのレーシック眼科といえば、やはり品川近視クリニックは外せません。実績もありますし、99.5%が1.0以上の視力回復に成功しており症例もダントツで多いですね。

目の手術なので最新機器であるほど安全性が増すため、常に最新機器を導入している品川近視クリニックの口コミはとてもいいのです。

しかも他のクリニックと比べて、料金も明らかに安くなっています。これは知名度の高い品川近視クリニックだからこそできる低価格だと思います。

品川近視クリニックの評判は、根拠の無い誹謗中傷を除けばほとんどが、レーシックを受けて良かったというものです。

多くの著名人もここでレーシック手術を受けているだけのことはありますね。

先進会眼科 大阪院

大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル17F
・JR大阪駅から徒歩約7分
・地下鉄御堂筋線 梅田駅から徒歩約5分
・地下鉄谷町線 東梅田駅から徒歩約5分

多根記念眼科病院

大阪府大阪市西区境川1-1-39
・JR環状線又は地下鉄鶴見緑地線 大正駅から徒歩8分
・地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪ドーム前千代崎駅から徒歩8分
・阪神なんば線「九条駅」2番出口から徒歩8分

フジモト眼科 天六本院

大阪市北区天神橋6-6-4 2F
・地下鉄「天神橋筋六丁目駅」12番出口から徒歩1分
・JR天満駅から徒歩5分

西眼科病院

大阪府大阪市東成区中道4丁目14-26
・JR玉造駅の北側出口から徒歩8分
・地下鉄 玉造駅3番出口から徒歩10分

坪井眼科

大阪市西区北堀江1-3-2 Being四ツ橋ビル3F
・地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅6番出口から南へすぐ
・地下鉄御堂筋線 心斎橋駅8番出口西へ徒歩8分

むさしドリーム眼科

大阪市天王寺区筆ヶ崎町5-52 ウェルライフ上本町クリニックプラザ203
・近鉄上本町駅から徒歩5分
・JR・近鉄・地下鉄千日前線、鶴橋駅から徒歩5分

こうやま眼科

大阪府枚方市宮之阪3-6-31 宮之阪駅前ビル2F
・京阪交野線の宮之阪駅改札口を出てすぐ

高槻眼科

大阪府泉南郡熊取町大久保中2-26-18
・JR阪和線 熊取駅から徒歩3分

あわせて読みたい

レーシック料金の相場は?

また技術は年々向上している上に価格は低下している状況です。今ですと従来のケラトームレーシック手術は両目で10万円から受けられるようになりました。

ただ、イントラレーシックに比べると精度が劣りますし、保証期間も短く設定されていることがほとんどですので、その点はよく比較検討する必要がありますね。

イントラレーシックの場合は両目で大体20~30万円でできます。保証期間としては5年に設定しているところが多いのですが、中には保証期間無期限というプランもあります。

何よりイントラレーシックのメリットはその精度の高さにあります。一度でしっかり狙った視力を得られ、もし万が一再手術の必要があっても保証期間はありますし、この値段は決して高くはないといえるでしょう。

レーシックとコンタクトはどちらがお得?

近視でお困りの方にとっては画期的とも言えるレーシック(レーザー角膜屈折矯正手術)ですが、コンタクトレンズを使い慣れた方の中には、わざわざ高い費用を払ってレーシックを受けなくてもコンタクトレンズで十分だと考えている方も結構いらっしゃるようです。

ですが、コンタクトレンズも安全性や衛生面などを常に考慮しないと目に大きな負担がかかりますし、長い目でみれば総額はかなりの額になってしまいます。

レーシックの施術費用は眼科クリニックによって少し幅がありますが、標準的には両眼の場合およそ30万円になります。

またコンタクトレンズは多少の幅があるものの、10年間の費用として計算すると40万円を超えてしまうこともあります。

一度受けてしまえばあとはほとんど費用の掛からないレーシックに比べ、定期的に費用がかかってしまうコンタクトレンズでは、ずっと使い続けることを考えるとレーシックよりも高くついてしまいます。

またコンタクトレンズの場合はさらに長く使用を続けると考えられますので、一生分として計算するとその差はとても大きくなります。

レーシックは裸眼での視力を矯正する治療ですので、一度施術を受けてしまえば後はほとんど手間が掛かることがありません。

一方コンタクトレンズは、着脱の手間やメンテナンス、また点眼やごみが入ったときの不快感など、常に煩わされてしまうといっても過言ではありません。

もちろんレーシック手術を受けたあとでも検査のためのクリニック通院の手間はありますが、コンタクトレンズに比べるとはるかに手軽といってもよいでしょう。

このように、レーシックとコンタクトレンズのお得感を比べてみると、費用面はもちろん手間の面でも大きな差があることがわかります。

レーシックが受けられない方にはICLがおすすめ

レーシックは眼鏡が鬱陶しい方、コンタクトレンズの手入れや挿入が面倒な方、美しい世界を自分の目で見たい方などにお勧めです。

しかしレーシックは全員が受けられるものではなく、角膜の厚みが足りない場合などは不適合となりレーシックが受けられません。

その場合はICLとよばれる眼内コンタクトレンズの治療がおすすめです。これはICLレンズを目の中に入れる施術ですが、もし万が一、病気などでレンズが不都合になった場合は取り出しも可能です。

あわせて読みたい

ICLとは?大阪でも人気上昇中

ICLとは、簡単に言うと眼内にコンタクトレンズを挿入して視力を上げる手術です。ICLレンズを目の中に入れることで、安定したクリアな視界が手に入ります。

レンズは目に優しい素材を利用しており、手術は点眼麻酔をするため痛みはほとんどありません。

ICLの特徴

ドライアイになりにくい
レーシックと違って角膜を削る必要がなく、目の中にレンズを入れ込むため、ドライアイになりにくいです。

手術後もレンズは取り出し可能
治療をしてしまったらもう眼内に入ったレンズは取り出せないのだろうと思う人は多いと思います。

しかし、ICL手術はレンズを目の中に入れるだけなので、取り出しが可能です。

レーシック不適合の方もできる
ICLは角膜を削る必要がないため、レーシック不適合の方でも受けられます。

その他にも紫外線のカットや夜間の見え方が変わるというようなメリットが多数あります。